学会賞・学術奨励賞


本学会は学会賞、学術奨励賞を設けており、理事長、会長および選考委員は学術集会での発表者の中より優秀な研究業績を報告した者を選出し、賞を授与する。

学会賞・学術奨励賞受賞者 (2005年〜)


 
受賞者名/所属先
演題名
第33回
(2005年)
学会賞
佐藤 宏
(鳥取大学農学部
獣医学科獣医薬理学教室)
インドメタシンによる小腸潰瘍形成における
不溶性食物繊維の役割
奨励賞
中村 哲也
(慶應義塾大学外科)
Cysteamin 十二指腸潰瘍モデルにおける
Candida albicans 感染の影響と抗真菌薬の効果
第34回
(2006年)
学会賞
林 裕二郎
(大阪大学大学院
保健学専攻機能診断科学)
間葉系幹細胞は胃潰瘍治癒を促進する
奨励賞
秋葉 保忠
(WEST LOS ANGELES
VA MEDICAL CENTER) 
TRPV1knockoutによる胃粘膜保護作用
第35回
(2007年)
学会賞
畑尾 香菜
(鳥取大学農学部
獣医学科獣医薬理学教室)
NSAIDs による小腸粘膜損傷の形成における
ロイコトリエンの役割
奨励賞
佐藤 翔吾
(千葉大学大学院薬学
研究院薬効薬理学講座)
ラット胃粘膜初代培養細胞のタイト
ジャンクション(TJ)バリアに対する温度感受性
TRPV1,M8,A1チャネル作動薬の作用
第36回
(2008年)
学会賞
小野 尚子
(北海道大学病院
光学医療診療部)
低用量アスピリンによる胃十二指腸障害と
H.Pylori 感染の検討
奨励賞
石田 久美
(大阪医科大学第2内科)
マウスDSS誘発腸炎におけるキマーゼ依存性MMP-9活性の役割について
第37回
(2009年)
学会賞
該当者なし  
奨励賞
高橋 哲史
(北里大学薬学部 
病態解析学)
Helicobacter heilmannii 臨床株の分離と
病原性の検討
第38回
(2010年)
学会賞
細見 周平
(大阪市立大学大学院
医学研究科消化器内科学)
炎症性腸疾患(IBD)における末梢血末熟形質
細胞のケモカインレセプター発現の検討
奨励賞
田嶋 公人
(城西国際大学薬学部 
薬理学研究室)
麻酔下ラットにおけるTransient receptor
Potential A1チャネル活性化薬アリルイソチオシアネート
による胃粘膜血流の増大反応
第39回
(2011年)
学会賞
該当者なし  
奨励賞
佳山 里沙
(東京理科大学薬学部 
臨床薬理学)
食品に含まれる脂肪酸が大腸腫瘍発生に
及ぼす影響
第40回
(2012年)
学会賞 三枝 慶一郎
(慶應義塾大学医学部内科学
(消化器))
腸炎惹起性RORγt非依存的classical Th1細胞とRORγt依存的alternative Th1細胞の発達分化
奨励賞 天ヶ瀬 紀久子
(京都薬科大学 病態薬科学系
薬物治療学分野)
乳酸菌市販製剤がロキソプロフェン誘起
小腸傷害に及ぼす影響 
第41回
(2013年)
学会賞 田中 健一郎
(慶應義塾大学薬学部
分析科学講座)
β-(1,3-1,6)-D-glucan(β-グルカン)によるHeat shock protein(HSP)70 誘導機構と
過敏性腸症候群(IBS)に対する効果
奨励賞 藤原 薫
(大阪医科大学 第二内科)
ラットNSAIDs起因性小腸粘膜傷害におけるDPP-4選択阻害剤の治癒・予防効果
第42回
(2014年)
学会賞 長崎 幸夫
(筑波大学数理物質科学研究科)
レドックスナノ粒子の経口投与による
炎症誘起化学発生大腸がんの治療効果
奨励賞 藤川 佳子
(大阪市立大学大学院
医学研究科 消化器内科学)
幼少期ストレスが成人期の腸管神経システムと
大腸運動機能へ与える影響
第43回
(2015年)
学会賞 高林 英日己
(埼玉医科大学総合医療センター消化器・肝臓内科)
Helicobacter Pylori感染胃粘膜でのBone Morphogenetic Protein(BMP)
シグナルの役割
奨励賞 原田 由美
(株式会社ツムラ製品戦略本部 ツムラ研究所)
六君子湯は、アシルグレリンの増加を介して
ストレスモデルラットにおける食後期の胃運動機能低下を改善する
第44回
(2016年)
学会賞 野津 司
(旭川医科大学
地域医療教育学講座)
末梢corticotropin-releasing factorと胃運動
−functional dyspepsiaとの関連について
奨励賞 田中 信
(京都府立医科大学大学院
医学研究科 消化器内科)
マウス実験大腸炎モデルにおける
Secreted Protein Acidic and Rich in Cysteine(SPARC)の役割に関する検討